ソファーの素材選びも楽しもう

ソファーの形と素材選びからはじめよう

いろいろはシュレッダー

裁断方法や、シュレッダーのタイプについて説明しましたが、他にもシュレッダーには特徴が色々と存在します。

シュレッダーと言えば紙を裁断する事がメインと思われているのですが、今は他にも裁断可能なものがあります。

紙以外のCDやDVDやクレジットカードといった特殊なものを破棄する場合に使われるシュレッダーです。

オフィスや家庭内での個人情報保護の為に使ってみてください。

今は個人でクレジットカードを持っているのが当たり前のような時代ですから、これは必需品のようなものではないでしょうか。

シュレッダーの機能で選ぶ人もいます。

電動シュレッダーでは、裁断可能枚数や、連続使用時間が各機種ごとに決まっているので、裁断可能枚数、連続使用時間が多ければ多いほど処理能力が高いと言われています。

卓上でこまめにシュレッダーをかけるならば、処理能力が低くても問題なく使用できます。

オフィスなど裁断可能枚数が多く、多人数で利用する場合は処理能力の高い物が効果的です。

そしてダストボックスにも着目してください。

ゴミを出す事を考えると、注意しておきたいのがダストボックスです。

ダストボックスは機種によって要領の違いは当然なのですが、用紙とその他メディアが分別処理可能なセパレートになっているタイプや、ダストボックスが満タンになるとランプの点滅やブザーで知らせてくれる機能の付いているタイプもあります。

オフィスにおいてシュレッダーと言うものはとても大事なものです。

会社で扱う個人情報等が漏れないように管理しなくてはいけません。

シュレッダーは、かなり昔からあります。今ではかなりハイテクなものもとても増え安全性も完璧だと言います。

やはり、個人情報が流出したこという事件などがきっかけでシュレッダーをちゃんと導入する会社が増えたのだと思います。

 

私の会社にも、大きなシュレッダーがあります。

みんな当たり前のように重要な書類でいらなくなったものは、シュレッダーにかけてから捨てていますよ。

それが当たり前の世界になれば、ストーカーや犯罪も減るのではないでしょうか。

今はゴミをあさるストーカーも多いようですから、女性は自分の個人情報は一度シュレッダーにかけてから捨てるようにしましょう。

思わぬところで個人情報が漏れているかもしれませんからね。

自分の個人情報を自分で守れるようにしましょう。

そのためにもシュレッダーはとても重要なものだと言えるでしょう。

 

 

Leave a Reply

Get our latest updates

Subscribe Via A Feed Reader

  • Sections
  • Latest
  • Comments
  • Tags

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー